■レーシックとドライアイとの関係

レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

LED看板
LED看板
http://led-pro.co.jp/effect/about.html



■レーシックとドライアイとの関係ブログ:04-12-2019

ダイエット中は、
一日3食、きちんと食べることがとても大切!

食べる事と食べる事の間が空きすぎると
体が必要以上に吸収しようとしたり、
体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕方食はやや少なめに、
逆に朝食をたくさん食べるようにして、
一日の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

よる摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、朝摂取したカロリーは一日の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

ダイエット中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら体操しても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「体操後の三十分〜1時間後」と
「よる寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕方食でたんぱく質を摂取すれば、
よる寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
朝食、11時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕方食や、よる寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!


ホーム サイトマップ