■レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 



■レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:07-1-2019

お子さんがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
身体内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

お子さんは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
食べる事において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
お子さんのおやつにおかしを与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

おかしを食べるお子さんほど
近視になっていることが多いが、
これはおかしのために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

お子さんが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
身体内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手のお子さんは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
身体内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

お子さんの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
身体にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

お子さんに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
お子さんの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になるお子さんの多くは、
母親があれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。

ホーム サイトマップ