■レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシックは妊娠中は避けるべき


■レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。





■レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:29-3-2020

今日も一日終わりましたー。

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

ってことで、皆さん23時。

最近仕事場で話題なのが岩盤浴。

サントレックスやダイエットフルーツ茶とか
なにか他にも使っている気はするけど、短期間で
8KG痩せたとか言う話が出ていて。

友達は肌の事を考えてダイエットフルーツ茶。

天気が曇りのちはれだろうが関係ないから、毎日の日課で
エアロビガールをしてるとかいう話をしてたし。

なんか、みんなそれぞれ熱いというか、腕が~
なんていうほどじゃないと思うんだけどね。

あたしなんて1週間ほど前、パパに
「背中が大きくなった」とか言われて。

背中ってどうやって肉を落とすんだよ・・・ってカンジ。

背筋を伸ばすのとか、色々なグッズがあるから、あーいうの
使えば良いのかな。

よくブラとかでも矯正とかでお肉を胸に・・・とかあるよね。


2週間に難波らへんに買い物に行く予定だから、
そんな背肉グッズ探してみようかな(笑)

猫背で姿勢が悪いというのもよろしくないんだけど、仕事柄
デスクワークが多いと、ついつい猫背になっていたりするんだよね。

その姿勢の方がついつい楽なんだけど、逆に肩こりとかをひどく
させてたりもするし。

しかも、身長を低くさせていると聞いたら、ストップしなくては。

ちびでぶにはなりたくないっていうのが正直なところ。


そう考えつつ、ついつい休みは
仄々しよう

そうなってしまうあたし。

何かと時間が足りないんだよねー。



■レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシックとドライアイとの関係
■レーシックを受けることの出来ない目の状況
■適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■目に疾患がある時のレーシック
■あの松坂選手もレーシックを受けました
■気になるレーシック手術の使用器具
■最も気になるレーシックの治療費用
■自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)見逃せないレーシック物知りNAVI