■レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

クラウド セキュリティの紹介
クラウド セキュリティ
https://cloudpack.jp/info/20150908-received-soc-2-type-1-report-for-our-internal-control-to-strengthen-cloud-security.html



■レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:25-1-2020

芸能人って、出産後すぐに元のスタイルに戻りますよね。
松嶋奈々子さんや広末涼子さん。

忘れている人もいるかもしれませんが、
安室奈美恵さんも母親です。
それなのに、あのスタイル、そしてあのパフォーマンス!
凄いですよね!

そんな芸能人を見て、
お金をかけているから痩せられると思っていませんか?

確かに、芸能人は綺麗でいることが仕事なので
専属の栄養士さんやスポーツトレーナーが付いていたり、
エステに頻繁に通っていると思います。
一般人に比べて、短期間で痩せやすい環境にいるのも事実…

しかし、芸能人も読者様と同じ人間。
基本的には、規則正しい食事と適度な運動を組み合わせることで
綺麗に痩せています。
何か特別な方法を使っているわけではないのです。

モデルさんが取材などで
「綺麗なスタイルを保つには?」の質問に
「食べること」と答えていることがありますよね。

あれは嘘ではなくて、本当なのです。
あさお昼ばん三食きちんと食べて、
連日決まった時間の運動をしているのです。

綺麗なスタイルを保ち続けている人達は、
正しいダイエットの基本をしっかりと続けているんですね。

これは、
何も芸能人やモデルにだけ当てはまることではなくて、
オレたち一般人にも当てはまることです。

ということは、
正しいダイエットをやっていれば、
憧れのスタイルになることはできるのです!

「芸能人だから出来るんだ!」と言う前に、
とにかく実践してみましょう。

憧れのスタイルを手に入れている人がいるということは、
読者様にも、
憧れのスタイルを手に入れる可能性があるということです。
夢なんかではなくて、実現できることなんです。


ホーム サイトマップ