■目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 



■目に疾患がある時のレーシックブログ:03-4-2020

正しいダイエットは、
「バランスの良い食事と適度な体操が大切!」
…って言われなくても、みなさん知ってますよね。

でも、わかっていながらも
なかなか出来ないんじゃないでしょうか?

すぐに痩せたい!、
とにかく痩せれば良いと思い、
無茶なダイエットはしていませんか?

そのダイエットで、
理想的なスタイルを手に入れましたか?
リバウンドしていませんか?
体の調子は良いですか?
お肌の調子は?

確かに、
痩せるためにダイエットをするんですから、
「痩せた」という結果は大切かもしれません。

しかし、
おれは結果が出た後の方がもっと大切だと思うんです。

せっかく痩せたのに、
リバウンドしては意味が無いじゃないですか。
きちんとしたダイエットをすれば、
痩せた後にリバウンドもしませんし、
さらに太りにくい体になれるんですよ!

正しいダイエットは
時間はかかりますが、体にも、精神的にも、
ストレスが少ないですし、
何と言っても後が楽なんです。

どうしてもすぐに結果を出したいと思っている方は、
とにかく一度で良いので
1ヶ月でも1ヶ月でもバランスの取れた食事をして、
適度な運動をしてみてください。

体重が減る量は少ないかもしれませんが、
今までのダイエットとは
違う何かを感じることが出来ると思いますよ。

厳しい言い方かも知れませんが、
無茶なダイエットで
体を壊したり、精神的なストレスで苦しんでいる人を見ると、
おれは、何だか可哀想に感じます。

せっかくダイエットするんでしたら、
連日がハッピーじゃないと、
意味が無いんじゃないでしょうか?


ホーム サイトマップ