■適性はレーシックの種類によって変わる

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。

 

レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 



■適性はレーシックの種類によって変わるブログ:04-12-2019

ダイエットの大敵は、
甘い物や脂っこい食事だと言われていますが、
その裏側に潜む本当の大敵は、意外なことに「冷え」なのです。

なぜ「冷え」が
ダイエットの大敵なのかというと…

体質を冷やすと血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなれば、体質の防衛本能で、
皮下脂肪を貯め込んで寒さから身を守ろうとします。

皮下脂肪は、
内臓や女性にとって大切な子宮を外の刺激から守る
クッションのような働きをしていますが、
ダイエットという点から考えれば、
一度ついた皮下脂肪はとれにくいので考えもの…

また、
体質が冷えると基礎代謝も低くなり、
痩せにくい体質になります。

ですので、
皮下脂肪を貯め込まず基礎代謝をアップするためにも、
体質を冷やさないようにする工夫が必要なんです。

最近は、
エアコンが職場や家庭でもすっかり普及し、
夏でも冷え症に悩む女性が多く、冷え対策をすることは、
ダイエットだけでなく、健康な体質づくりにもつながります。

体質を冷やす原因はエアコンだけではありません。
食生活の乱れや過剰なストレス、
ホルモンバランスの乱れや体操不足なども、
体質を冷やす原因となります。

体質を冷やさないためには
まず、平熱を測ってみるのが一番です。
朝方起きたら体質を動かす前に、
できれば何日か続けて測ってみましょう。

体温が36.5度以下だったら
体質が冷えている証拠です。

体温が低いと、排泄機能が低下し、
アレルギーや自律神経の乱れにもつながります。

もしも平均体温が35度台だったら要注意!
なぜなら、ガン細胞がもっとも増殖しやすい体温が35度なのです。

体温が低い方は、
積極的に体質を温めるようにしましょう!

ホーム サイトマップ